買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2017年04月14日

大市

4月13日 木曜日

大市当日だったが、面白そうな買取が入ったのでそちらを優先。
午前中は蒲郡市へ出張買取してきた。
なかなかおもしろいものを沢山お持ちの方で行ったかいありで良かった。
帰宅して、午後からは古書会館へ。
先週タイミングよく買取で入ったものを30点以上出品してあるのは2階。
多分、係の人はいいものと思われなかったのだろう。
追加の目録や写真に掲載もされることなく、ほとんどが床に置かれていた。
そんなもんなのかなぁ、いいものと思ったのに・・・。
しかし、知り合いの古本屋さんが私の顔を見ると、あれ、エーブックさんの出品ですか? 当たりましたねと言ってきた。
これぐらいにはなるんじゃないですか?と私の思っていた倍以上の金額を言ってきた。
ええっとそれなりに調べたはずなんだけどなぁ・・・。
その古本屋さん自身がそれなりの金額を入札してくれたとのこと。
開封がはじまると、彼の言った通りの金額、いやもしかしてそれ以上の金額で落札されていき、驚いた。
当たり前だけど、出品者よりも入札者の方が落札価格の推測は正しいものだ。
大市で商品に近づいてみることができず、見えたり、聞こえてきたりした落札金額だけでもかなりのもの。
しかし、大市、それも今回は全古書連の理事会が名古屋であるため、全国の理事=実力者が集まる大市の出品日の前々日にこんな買取があるとは私はよほど運がいい。
昨日の話の続きになるが、でもそれも内容的に難しいかなぁと思いつつも電話があってすぐにお伺いしたからである。
もっと努力して、当たりを引いている人もいっぱいいるので、これぐらいで喜んでるのが小物だなぁとも思いつつもまぁ今日のところは喜んでおこう。
posted by A at 08:02| Comment(0) | 日記
My Yahoo!に追加