買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2017年07月30日

フジロックへ

7月29日 土曜日

朝6時に妻に車で名古屋駅に送ってもらい、6時40分台の新幹線で東京へ。
東京で東海道新幹線から上越新幹線に乗り換え、越後湯沢駅に到着したのは10時前。
そこからシャトルバスの待ち時間が1時間。
さらに道も渋滞しており、30分ぐらいで移動できるはずが、1時間かかり、フジロックの会場に入れたのは12時過ぎ。
そして、いきなり雨が降り出し、レインウェア装着。
この日は結局、雨を止むことなく、この時、来たレインウェアを脱ぐことは一度もなかった。
レインウェアは2015年のReadingフェスに行く時に雨が凄いから必ずいると言われて買ったもの。
結局、ズボンを装着したのは2016年のダウンロードの短い時間だけ。
海外に結果使わずに何度も持っていったり、途中で不要と判断して、荷物を送ったりしていたレインウェアだが、今回が一番使うことになった。

雨が降ってしまうと地面が大変なことになるのがフジロック。
Readingだと大量のチップを投入して水分を吸い込ませるためそれなりに快適なのだが、ひたすらぐじゃぐじゃ。
フジロックで長靴が必須と言われるのはこれが理由だが、いつも履いているトレッキングシューズでまぁ特に問題はなかった。

あちこち移動したり、Coccoで前につめたりしたが、いかんせん雨は憂鬱にさせる。
越後湯沢駅のコインロッカーに入れたカバンは深夜0時までに出さなきゃいけないし、越後湯沢駅から4キロぐらい離れたなんとか押さえたホテルの送迎、チェックインにも不安がある。
ということで、18時には離脱して、シャトルバスで越後湯沢駅に移動して、迎えに来てもらって、ホテルにチェックイン。
この日の目当てだった小沢健二も見ることができなかったヘタレ。

息子には最後まで見てきてもいいよと言って別れたものの、結局、彼も小沢健二を途中で離脱して帰ってきた。

2017-07-29 14.30.47.jpg
posted by A at 00:00| Comment(0) | 日記
My Yahoo!に追加