買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2017年10月02日

締出し事件

10月1日 日曜日

午前中、荷物の整理など。
午後からBABYMETAL友人とご飯&お酒。
夕方から近くのRADでライブ。
あまり興味がわかず、早めに帰宅。

昨日、一回着替えに帰ってライブに行こうとした時に事件が起きた。
愛犬を家の前でオシッコをさせて家に戻ったら、開けたままだったはずの玄関のドアに鍵がかかっていたのだ。
意味がわからず、あちこちの窓などを開けてみようとしたが、すべて施錠されている。
スマホがあれば家族と連絡を取ればいいことなのだが、ほんの一瞬というつもりだったので、スマホも財布も家の中。もちろん鍵も。
なぜ鍵がかかっているのか?
考えられのは、中途半端な形でドアをバタンと閉めたため自動で鍵がかかったか、誰かが中でかけたか、外に出かけたか。
自動は今まで一度もそんなことなかったので考えにくい。
中にいるものがわざわざかけることも考えにくい。
あとは誰かが出る時にかけたということになるのだが、私はすぐ玄関先に愛犬といたのだ。
ただし、犬好きの人がたまたまいて、愛犬を長くなでてくれていたため、2分ぐらいは玄関の方を見ていない。
まさかと思うが、彼らと空き巣がグルで、私の関心を引いている間に家に忍び込んだりしてないだろうか。
とりあえず、一瞬着替えに帰ったつもりだっただけに、すぐにライブ会場に向かいたい。
困り果てて思いついたのがauショップ。
つい先日、息子と娘と機種変更をしたばかり。
auショップから家族に電話をしてもらえば事情がわかり、解決の緒にはなるだろう。
しかし、auショップは契約者本人でないかぎり、家族でも電話番号はゼッタイに教えられないの一点張り。
それがつい先日、いちいち子供のケータイのためにいちいち私がauについていくのも面倒ということで、息子、娘本人に契約者変更をしたばかりなのだ。
事情を説明してもどれだけ言ってもダメ。
こうなったらもう、家の前でひたすら待つしかない。
財布もなければライブも行けないし、だいたい愛犬は玄関先につないだまま。長い時間放置しておくわけにもいかない。
と帰宅してみたら、玄関先の椅子につないでたはずの愛犬がいない。
もしかして逃走?と青ざめる。
しかし、家の中から愛犬の鳴き声。
玄関の鍵をガチャガチャやっていると中から息子が出てきて鍵をあけてくれた。
思わず、「なんで閉めるんだ!目の前にいたの見えてただろう?」
というと「どっか散歩行くかと思ったから」とのこと。
だとしても「声かけろよ」。
シャイでコミュ障のところがある息子だけど、ちょっと考えたら私が困るかもしれないとわかりそうなもの。
もしかしてワザとやったのかとさえ思えてきた。
情けない限り。
posted by A at 10:29| Comment(0) | 日記
My Yahoo!に追加