買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2016年12月20日

よその商売、自分の商売

12月19日 月曜日

一日かけて前日買取した荷物の整理、市場へ出品。
なんか時間掛かり過ぎてる気がしないでもないが、そんなものだろうか。
帰宅してからは宅配買取の査定。

2016-12-18 16.51.10-1.jpg

同業者でありながら、よその商売、特に収支というものは皆目わからない。
物凄い売り上げがある人がお金に困ってそうだったり、これだけの売り上げでどうやって暮らしてるんだろうというような人が豊かに見えたり。
結論としてわからないことは「わからない」にしておいた方がいいのではないかということだ。
変にわかった気になると判断ミスにつながる。
あの人は儲かっていると真似して失敗するなんてことになりがちだ。
ウチのことも同業者が口にする数字は見当違いだったりする。
その倍売り上げあるんだけどなぁということもあるし、そんなに利益が出るわけないじゃんってこともある。
でも最近思うのは人ってどこかで理解した気にならないと生きていけない生き物だ。
何もかもがわからないと思っていたら不安に押しつぶされてしまう。
しかし逆に考えると理解した気になるのがその人の商売のサイズを決めてしまうことにもなっている気がする。
あんなことしても儲からないよ!
本当にそうなのか疑問を少し感じることが重要だったりする。
posted by A at 09:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

My Yahoo!に追加