買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2016年12月22日

経験と選択肢

12月21日 水曜日

午前中に1件出張買取行って、午後にも1件出張買取行ってきた。
その荷物を整理したり、宅配で届いた荷物を査定したりなんて一日。

午前中の出張買取で少しピンチがあった。
単行本、文庫本、新書が400冊ほどあったのだが、車の荷室を見てみると、積んであると思っていた段ボール箱がひとつもない。
そうなると選択肢は3つ。
@紐はあるのでひたすら縛る
A事務所まで15分ほどなので取りに帰る。
Bそのまま載せる
雑誌やムック本や全集などは縛った方が早いし、箱を使うとすぐにいっぱいになってしまうので、縛ってはいるが、単行本より小さいサイズは箱に入れていった方が断然早い。
縛ると端の本が傷むのもネックだ。
結局、Bそのまま載せるを選択。
もちろん、ただ載せてしまっては崩れてしまうので、まわりを箱や縛りで囲んでその中に入れた。
まぁ、問題はさほどなかったが、作業効率は悪かった。

この時、あらためて思ったのは経験は選択肢を増やすことだなということ。
先輩たちはもっと選択肢があるのかもしれない。

posted by A at 08:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

My Yahoo!に追加