買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2017年05月27日

古書市場での開封ミス

5月26日 金曜日

午前中に出張買取に出向くため、先に古書会館に行き、荷室の荷物をおろし、出品作業。
出張買取は大量に本があるのだが、使える本がなく、残念ながら買取成立ならず。
多いなぁ、こういうこと。
午後からはダラダラと出品作業など。なかなか進まず。
夜は近くのライブハウスにライブを見に来ていた友人とはじまる前、終わったあとに飲んだ。

古書の市場の運営は昔ながらのアナログなやり方である。
よく考えられており、効率的な方法なのだが、人によって運営がある以上、間違いがよく起きるのも事実。
先日も開封ミスがあり、売上が2万円減るところだった。
で、今回も確認してみたところ、1.5万円の間違いが見つかり、見逃せないなぁと届けを出した。
開封のミスはない人にはない。そそっかしい人がよく起こす。偉そうなことは言えない。私も後者だ。
減らすためには間違いが少ない人に任す、別の人が確認作業をするなどになるのだろうが、運営の人手が足らない中ではそれもかなわない。
結局、一番被害を被る出品者、入札者が目を光らせておくしかないということで、これからも自分が出品した時は確認した方がいいと感じた。
posted by A at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

My Yahoo!に追加