買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2017年07月12日

今が大切

7月11日 火曜日

午前中、税理士が来て、マネーフォワードクラウドの設定など。
これだけ旅行しているとJALのクレカはゴールドの方がお得なのかなとアップグレード。
それによって、以前のカードは廃止ということになってしまい、以前のデータが見えなくなっていた。
ああ、そういうこともあるのねと解決するまでに時間がかかった。

お昼に市場に行くが、欲しいと思うものがまったくなくなってしまった。
そうなると同業者との熱量の違いもあり、話もあわない。
結局、そそくさと帰ってきてしまった。
元々私は本の話をしていたら幸せだったり、商売の話をしていたら幸せという人間ではなかったんだな。

帰宅、妻が契約しようとしている保険の説明に外交の人が来た。
いくら預けたのが何年後にいくらになると言われても性格なのか、それがなんらかのアクシデントでもらえなかったらゼロだよね、と考えてしまう。
例えば会社がつぶれたりして、国の保証があるとはいってもそれは現時点でのことなので、何年もあとにそれが有効な保証はない。
もっとあるのはこちらの人的な問題で、その存在を忘れる。
契約した私達は覚えていても肝心の受け取る子供達が忘れていて受け取り損なうなんてことは世の中にきっといくらでもある話である。
なんてことを考えてしまうので、結局、妻に一任となる。

基本、商売の考えも一緒。
どれだけ素晴らしい在庫を持っていようが売って換金しない限り、ただの本である。
売ろうと思っている間に相場がかわったり、何かのトラブルで、例えば倉庫が雨漏りして水濡れしたり、虫食いがあったりなんてことで価値が激減することだってある。
自分は完品だと思っていたものが売ってみたら、切り取りページがあって無価値だったなんてこともなくはないだろう。
だから私は在庫を持たない主義にしかなれない。
それは人生に対する考え方も一緒で、定年したら旅行に行こうなんて、定年後に自分が元気で旅行ができるなんて保証なんかないんだからと行ける今行こうよと思ってしまう。
まぁ、それが正解かどうかはわからないが、とりあえず今は楽しい。

夜はクラブクアトロでバンドメイドのライブ。
久しぶりに早く終わらないかなぁと思ってた。
posted by A at 09:15| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして!

わたしもまったく同感です。
同じような境地に立ったので、妻と先週オーストラリア旅行に行ってきました。

50代を目前に、五体満足であとどれだけ生きていられるか、考えてしまっています。
Posted by ももすけ at 2017年07月12日 23:03
奥様とオーストラリア旅行とはまたゴージャスでいいですね。

>五体満足であとどれだけ・・・

不思議なもので、こういった危機感もっている人の方が、いろいろ動きまわるし、ケアもするので、長く元気に見えますねw
Posted by A at 2017年07月16日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

My Yahoo!に追加