買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2017年11月16日

天せいろと中島らも

11月15日 水曜日

朝5時半起床。
いつものルーチンで朝の作業。
ホームページのブログを更新したり、渾身のページを作成したり。
やはりやるだけのことはあって、徐々に効果が肌で感じられるだけあって、やる気も出る。

安室奈美恵買取

午前中は市場に行き、日曜日に買取した荷物の整理、出品。
帰宅して、ウォーキングがてら、徒歩20分の蕎麦屋「春風荘」へ。
今まで行った蕎麦屋の中で一番『ごちそう』と思える蕎麦だった。
しかし、残念ながら、鼻が悪いのか、香りを楽しむはずの蕎麦の香りがよくわからないと来たから、私には贅沢なんだろう。

2017-11-15 12.05.07.jpg

天せいろ3枚で2200円。
うん、ごちそうだ。

また20分歩いて帰宅。
荷物の整理をひたすら。
持込買取があったり、電話での問い合わせに対応したり。

4時過ぎにジムに行き、本日はパーソナルトレーナーによる上半身の筋トレ。
最近、かなり厳しい。
それだけ効いてきているはずだろう。

この後に買取が入っていることもあり、有酸素運動はやめて、ヨドバシカメラに寄った後、帰宅して、出張買取。
ヤフオクで高値で買ったアイドルのサイン色紙を売りたいとのこと。
その金額14万円とか。
確かに本物ならばそれぐらいの価値はあるだろうが・・・なにかおかしい。
印刷?
というか、丁寧に書かれすぎているし、33年も前に書かれたものにしては色紙にヤケが少ない。
オークファンで調べたところ、類似したサイン色紙がやたらと出品落札されている。
これは・・・・申し訳ないが、本物とはとても思えないと判断。
お客様にもそのことを告げ、何も買わずに帰った。

夜は読書など。
本日も一日充実の日だったと言ってよし!


本日読んだ本。

先日の買取させて頂いた本からおおっ懐かしいと抜き出した一冊。
作家が好きというよりも、うつ病というキーワードから買われたのだろう。

心が雨漏りする日には (青春文庫)
中島 らも
青春出版社
売り上げランキング: 52,234


私は大学から大阪に行き、20代のかなりの時間を大阪で過ごしたのだが、中島らもは身近なスターだった。
中島らもが通った宣伝広告のスクールは私も行ったことがあるし、テレビ番組の構成作家をやっていた時、中島らもは関西ローカルの番組によく出演していた。
中島らもが主宰の劇団のライブも観に行ったことがある。
おもしろくてセンスのいいおっちゃんとしか思っておらず、エッセイのおもしろい人から小説家としても成功。
ただただ順風満帆かと思いきや、そこまでの壮絶な躁鬱と戦っていたとはこの本を読むまで知らなかった。
この本は中島らもの躁病、うつ病の変遷期になっている。
元々がそういう文章の人だから、躁病、うつ病の奇っ怪な行動もおもしろくおかしく書いて読みやすいのだが、その裏側にあることを少し想像するとゾッとしてくる。
軽々しく「うつ」なんて口にするもんじゃない。
posted by A at 00:00| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
エーブックさん。
こんちには。以前、100人オフ会に参加させて頂いた者です。

アイドルのサイン色紙・買取のお話しですが、
これは明らかに、偽物と思います。

先日、芸能人の偽サインを売って捕まった人いましたね。
1年間で3千万の売上。4〜5年前から偽サインを売っていたと。
自分は、サインコレクターなんですが、この人とは面識があっただけに
残念でした。
以前、骨董販売のイベントで、ゲストのお宝
鑑定団に出ている●●さんが、
『オークションで売っているサインは、9割は偽物』
と言ってました。
サインコレクターの自分から見ても、それは同感です。
サインは、そうそう貰えません。
かなり苦労して、貰ってます。


【ヤフオクで高値で買ったアイドルのサイン色紙を売りたいとのこと。
その金額14万円とか。 】

確実、偽サインと思います。買ったのではなく、この人が自分で書いたのでは。
恐らく、今回の偽サイン販売・逮捕が報道されて、怖くなり、ヤフオク出品を辞めて、
エーブックさんに売りつけようとしたと思います。
(そもそも、ヤフオクで買ったと言ってる位だから、自分で売る事できるのに)

うちも、グッズの買取販売をしておりますが、
プライベート直筆サインだけは、買取を断ってます。
(鑑定があるサインは別)

エーブックさん、他の古書店の方、偽サインの買取には気を付けて下さいませ。
Posted by キヨ at 2017年11月17日 10:27
お久しぶりです。

サインは状況から偽物と判断して、買取しませんでしたが、その方が嘘を言ってるとは思いませんでしたよ。
もしおっしゃる通りだとしても、まずはお客様の言っていることを信じるのも仕事と思っています。

先日、サインマニアの方からの大量のサイン入写真集、カレンダーの買取がありました。
故人でしたが、サイン入写真集の間からサイン会で撮影したと思われるチェキも大量に出てきて、一部宛名があったりもして、本人直筆と疑いようがありませんでした。
私個人としては、入手経路などを聞き取りして、判断しています。

もちろん、注意は必要ですね。
Posted by A at 2017年11月17日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

My Yahoo!に追加