買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2017年12月09日

世間は古本屋の秘密にいまだ気づいてない!

12月8日 金曜日

なんだかやる気のしない朝。
昨夜は早々とベッドに入り、気合を入れ直して、早起きしようと思っていたのにいつもと同じ8時起き。
て、12時間ベッドにいたことになるんですけど・・・。
また怠惰が戻ってきてしまった。

なんとなく起きて、いろいろしていたらもう10時で、早起きしないと本当一日が短い。
ヤフオクの出品を数点だけ行い、あとは何をしていたんだろうか・・・。

お昼ぐらいは気合を入れようと近所でいつも予約満員のお店で一度行ってみたいねと妻と話していたお店に電話、今日のお昼予約なんてできますか?と言ってみたところ13時なら大丈夫とのこと。
おお、電話する勇気があったかどうかだけのことだった。
妻は3回、私も複数回、前まで行って、予約いっぱいで帰ってきたことがある店なのだ。

お店の名前は「La Peche」。
かなりカジュアルなフレンチ。
2017-12-08 13.39.03.jpg

2017-12-08 13.08.47.jpg

人気に偽りなし。
2017-12-08 13.17.41.jpg

ランチは1100円とお得、画像のスープは別料金。
電話しておけば良いだけとは意外だった。

本日は午後から珍しくお客さんがあった。
このブロクを読んで私に興味を持って会いたいという方。
そういった申し出があっても断る方もいるとは思うが、私はだいたい受け入れる。
だって刺激になるから。
期待通り刺激的なお話を沢山聞くことができてよかった。

夕方ジム・・・あっ、昨日と今日の私は気が抜けすぎている。
気がついたらパーソナルトレーニングの約束の時間。
あわててジムに電話をして詫びる。
結局、1時間半ずらしてもらい、準備をして出かけて、いつもとは逆に自転車を25分間行い、その後パーソナルトレーニング。

夜はなぜかひとりきりでダラダラとテレビなどを見て過ごした。
いかんなぁ、気が抜けてしまった。
なんとかせねば。


本日読んだ本。
先日、ツタヤに行った時に古本屋のことについて触れている章があったので衝動買い。



身近な疑問からマーケティングを論じている一冊。

あの行列のプリン屋が赤字の理由
きゃりーぱみゅぱみゅはなぜブレイクしたのか?
女性の太った財布の中には、何が入っているのか?

などのキャッチーな章タイトルが続く中、最後がこれ。

古本屋がふつうの本屋より儲かる理由

おっ、ついに我々の知られたくない秘密が暴かれてしまうのかと一瞬ビビった。
読みはじめるとブックオフがいかに商売として優れているのかという話がはじまり、おやおや。
奥付を見る。
10年ぐらい前に発行されたものなのかな。
いや、2016年、去年だ。
著者の経験からブックオフは価値がある本を格安で買取している。
それを新刊よりも安く売っているから儲かるとのこと。
うむうむ。
続いて街のオシャレな古本屋では店主が働いている様子はない。
でも近くのカフェに行ったら本が置いてあり、それはその古本屋の店主がセレクトした本だったことを知り・・・。
よかった、気がつかれてなかったぁと安堵。

BABYMETALの友人たちの中には古本屋という商売で海外にまでライブを観に行くようなお金が稼げるわけがないと思っていて実際、絶対に他のことで稼いでいるはずと言われたことがある。
外から見たら古本屋の商売ってそういうイメージなんだろう。
それでよかよか。
posted by A at 23:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

My Yahoo!に追加