買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2018年01月16日

古本屋は天職だったのか

1月15日 月曜日

一日ヤフオクの出品作業。
午前中に終わるつもりが、動画などを見ながらしていたせいか、夕方までかかってしまった。

私のことを成功者のように思ってもらえることがあるが、自分としては?である。
確かに写真集をやっていた頃は自分自身も成功しているという実感もあり、驕っていた。
その後もいい買い取りがあると少し調子に乗ってしまったこともあるが、基本ダメ人間である。
努力でなんとかできるレベルではない。
多分に学習能力がかなり低い。
文章が理解できない。言ってることが理解できてない。
耳が少し悪いのか聞き取れてないことも多い。
その上、記憶力が猛烈に悪い。
昨日行った店の名前も思い出せないほどだ。
昨年行ったアメリカの都市の名前も覚えてない。
古本屋としてはかなり致命傷と思えるのだが、もう17年もこの商売で食えている。
では勤勉かと言えばそんなことはない。
すぐになまける。すぐに買い食いする。
今更ながら、若い頃に目指した仕事について考えると、そりゃ無理だわという結論に至る。

リピートというドラマを観た。
過去の自分に戻れるというタイムスリップものだ。
この歳になったらわかる。
過去に戻ってやり直したとしても、きっと自分は自分のまま。
変えることなんかできない。
一番はこの仕事を楽しむことだ。
posted by A at 09:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

My Yahoo!に追加