買い取りの様子を別のブログで書いています。

エーブックの買取日記

古書組合の市場への代理出品をお受けしています!

詳細はこちら http://abookabook.sblo.jp/article/70897188.html




2012年04月14日

経験

倉庫整理からの市場が出品が終わりました。
もう拍子抜けというぐらいのスピードで、当初、二日間で絶対終わらせてやる!という意気込みではじめたものの、土曜日も日曜日もかかるかなぁと本音は思っていたのですが、なんのなんの今日は二時には終わり、スーパー銭湯に寄って帰る余裕があったほどです。

今回早かった理由はいくつかありますが、まぁ、単純に1年半前にやった時は捨てるものが多く、それを選別するのに時間が掛かったことが大きかったです。
それだけで丸2日は掛かりましたから。
今回は捨てるものがほとんどなく、会館での作業は仕分けしていくところからはじめられたので楽でした。
細かいことで言えば、ほんの少しの環境のことですが、今回倉庫の入口からトラックまでが70センチぐらいまで近づけたのが、前回は屋根があったりして、3メートルぐらい。その上、その3メートルが下りの傾斜があり、そこに台車を転がすのに労力がいったということがありました。
こういったほんの少しの環境の違いが大きな時間や労力の差になるんですよね。
そして、前回の経験ということが大きいです。
前回はとりあえず一階で仕分けしてできたのを二階に持って行ったりしてたのですが、今回は最初に半分近くを二階にあげた為に、一階でも十分な作業スペースが取れたことが大きかったです。
今回更に、後輩二人に二日間出てきてもらうことを頼みましたので、その分の人力はとてつもなく大きかったです。
前回も頼もうかと思ったのですが、自分たち自身がどんな作業があるか見えておらず、何を頼んだらいいかわからず、頼まなかったのですが、前回の経験から、色々とお願いしたり、やってもらうことはあるということがわかりましたので、頼みました。
これも経験ですね。

さぁ、火曜日の結果発表が楽しみです。
更に自分自身も欲しいものがいっぱいあったので、その入札も楽しみですね。

古書市場って、本当に愉快ですね。
posted by A at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

My Yahoo!に追加